クレジットカードキャッシングと消費者金融って何が違うの?

クレジットカードは信販会社などのカード会社が提供するサービスで、買い物をした時や飲食店で食事をした時、カードを使って支払いを行うと、キャッシュレスで利用が出来るなどの魅力があります。
クレジットカードはリボルビング払いで返済を行うのが特徴で、キャッシュレスで利用出来るため、気が付いたら使い過ぎてしまったなどの失敗を経験されている人も多いのではないでしょうか。
尚、クレジットカードにはキャッシング枠が付いているタイプもあります。
キャッシングとはお金を借りる事を意味しているもので、キャッシュレスで支払いも出来ますし、枠内でお金を借りて支払いも出来るなどの2つの機能が付いているクレジットカードです。
所で、お金を借りる時に消費者金融を選ぶ人が多くなっていますが、消費者金融もキャッシングが出来るなどのメリットがあります。
但し、消費者金融の場合は、クレジットカードに現金を借りる事が出来る枠が設けられているものではなく、お金だけを貸して貰う事が出来るなどの特徴があります。
尚、クレジットカードのキャッシング枠と消費者金融はどちらも貸金業者に属するものです。
貸金業者に属している場合、お金を借りる事が出来る、キャッシング枠の上限はそれぞれ年収の3分の1未満までになります。
ここで注意が必要な事は、既にキャッシング枠で年収の3分の1未満に近い金額でカードを利用している場合、消費者金融も貸金業者に分類が行われるため、消費者金融審査甘いランキングからお金を借りる事が出来ないので注意が必要です。